少人数制・マンツーマンの体育指導なら体育の家庭教師にお任せ

体育指導のスタートライン

初めての方へ

スタートラインのお悩み相談室

こどもの心理的相談

» こどもの体育指導相談 

こどもの心理的相談(チャイルドカウンセラー)

子育ての悩みやストレスを一人で抱えていませんか?

体育指導のスタートラインでは、子育ての悩みやストレスを解決するための「気づき」をバネに、子どもたちに負けずに成長したいと思っている、パパとママのためのお手伝いをさせていただきます。

子育ての悩みや不安、親子の問題、人間関係・・・どのようなお悩みでも大丈夫です。「気づきのカウンセリングセッション」は、悩みを解決するための方法など、自らが気づくことを主眼としています。お気軽にご相談ください。

写真

専任カウンセラー 鈴木時夫

このような方におすすめします

 

ご相談の内容について

▲ pagetop

主に、以下のような内容についてご相談をお受けしています。
チャイルドカウンセラーには守秘義務があります。ご相談者様のプライバシーは守りますので、どのようなことでも安心してお話ししてください。

 

カウンセリングセッション

▲ pagetop

● 個人カウンセリングセッション (教室に参加中にカウンセリング)

体育指導のスタートラインで開催している教室にご参加いただき、
お子様のレッスン中に、近隣のカフェやファミレスにてカウンセリングセッションをお受けいただけます。

● 出張カウンセリングセッション

東京都内・横浜市内のカフェやファミレスへカウンセラーが出向き、カウンセリングセッションを行います。
カフェで友達と話しているような感覚でカウンセリングセッションをご利用いただけます。
ご両親揃ってもぜひご利用ください。

 

料金・システムについて

▲ pagetop

▼ カウンセリングセッション料金

個人カウンセリングセッション 出張カウンセリングセッション
・ 2,000円 / 60分
・ カウンセラーの交通費実費
・ 飲食代実費(ご自身分)
・ 3,000円 / 60分
・ カウンセラーの交通費実費
・ 飲食代実費(ご自身分)

▼ お支払い方法

カウンセリングセッションが終了後、カウンセラーへ直接お支払いください。

▼ キャンセルについて

キャンセルをされる場合は、なるべくお早めにご連絡ください。体調不良などやむを得ない場合を除き、当日のキャンセルは避けていただくようお願いいたします。

▼ ご予約方法

カウンセリングセッションのご予約、お問い合わせのフォーム をご利用ください。
お問い合わせ項目に「ご希望の日時」「場所」「ご相談の内容」または「お問い合わせ内容」をご記入頂ければ、こちらからご連絡をさせて頂き面談日等を決めさせて頂きます。

お問合せ(電話)03-3788-9322 (受付時間 10:00~17:00)

※お電話に出られない場合は、お名前とご連絡先の番号を留守番電話に残していただければ、こちらから折り返します。

 

カウンセラーについて

▲ pagetop

▼ プルフィール

秋田県生まれ、横浜育ち。
日本体育大学(体育学部)卒業後、横浜市立中学校の教職に38年間就き、横浜市コミュニティハウスを経て現在に至っています。 1970年から2006年まで、多くの子どもとその家庭とのふれあいの中で、時代とともに変遷して家庭の姿を見つめてきました。

1964年東京オリンピックの開催を高校時代にリアルタイムで経験し、高度成長時代に突き進んでいく日本がそこにありました。

小学校時代の恩師に影響を受けて教職を目指し、体育の東大と思っていた日本体育大学に進むことができました。体操ニッポンの先駆者池田敬子先生や山下跳びの山下治広先生のご指導を受け、日本体育大学独特な伝統のなかで青年期の人間形成ができあがったと思っています。

横浜市立中学校の体育教師としとて赴任した中学校は、いわゆる荒れた学校でした。生徒が暴れてどうしようもなく警察の介入をお願いした、当時は「パトカー学校」というレッテルが貼られていた学校です。
赴任した当日に、早速ヤンチャな中学生が私を試しに来ました。恐る恐るですが決して仲間の前では、ビビっている姿を晒さない精一杯の姿勢でちょっかいを出してきます。その時に私が心かげたことは「子どもの心のふところに入る」ということでした。悪戯を見せびらかしても、すぐに子どもの行動に対して、目くじらを立てて怒るのではなく、そうしてしまう子どもにも理由があると「どうした、何かあったのか・・」目線を同じにして、子どもの側にいることにしました。子どもとの心の距離をすぐに縮めることは叶いませんでしたが、「好き勝手なことをやっているようでも、本当は子どもが一番苦しんでいる」と分からしてくれたのも子どもでした。

「子どもは、成長の過程で保護的な最も重要な他者との関係で自分ができていく」。
母親だって苦しいときは、子どもを人に預けてもいい、自分の実感を補強する考え方や知恵に支えられて価値観が生まれるから。
助け手がいて、安心して暮らせると分かった時、母親の表情はこれほど和らぐのか、その中で、子どもは子どもとして大切な時間を過ごせるのです。

子どもたちが安全に守られて暮らすためには、どれほど母親の安全と安心が必要なのか。

カウンセリングセッションでは、クライアントさんのお話をじっくりお聞きして、お気持ちをしっかりと受け止めながら、助け手としてのお手伝いをさせていただきます。

▼ おもな資格

 

守秘義務

▲ pagetop