水泳
水泳

「水への恐怖心」に立ち向かう!

水泳の最初の関門!「潜る」特に小さな子供たちにとって、息を止めるということはとても怖いことです。 潜れるようになってしまえばたいしたことはないのですが、慣れるまでは怖くて仕方ないですよね。
その恐怖にどうやって立ち向かわせるには、生徒と先生との信頼関係が一番の特効薬です。
「先生が言うのだから、やってみようかな」この気持ちになるには、マンツーマン・少人数制の密接な指導体制が必要です。

キーワードは、「集中力×反復回数」!

なかなか上達しない・・・なぜでしょうか。
指導方法や教え方のうまい下手など、色々な原因はあると思います。
しかし、上達に一番大切なのは、「子どものやる気」と「繰り返すこと」です。
大人数の教室ではどうでしょうか・・・ちょっとさぼっても見つかりません、先生がを見てくれている時間も少ないですね。もちろん順番待ちもありますし、60分に何m泳ぐことができるのでしょうか。
10人の生徒に1人の先生では、1人の生徒を6分しか見ることができませんよね。
1人の生徒に1人の先生では・・・上達しそうですね!